今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

牡蠣と牛肉のイタリア風赤味噌鍋

牡蠣と牛肉のイタリア風赤味噌鍋
赤ワインに合う牡蠣たっぷり濃厚赤味噌鍋!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 鍋もの

今回は、しっかりした赤ワインに合わせたい赤味噌鍋のレシピをご紹介。
具材は、牡蠣と牛肉、キノコを使って旨味たっぷり。春菊など香りの強い野菜を使うと、より赤ワインとの相性が良くなります。

材料

【材料 2人分】

牡蠣むき身    200g
牛肉薄切り    200g
春菊       100g
舞茸       80g
ミディトマト   150g
(甘味が強いトマトがオススメ)
長ネギ      1/2本
厚揚げ      150g
オリーブ     20g(種ぬき)
バジル      適量
ご飯       適量(お好みで)
ピザ用チーズ   適量(お好みで)

[スープ]
カツオだし    800cc
赤味噌      大さじ1と1/2〜2
合わせ味噌    小さじ2
赤ワイン     大さじ2
胡椒       適量

作り方

 

牛肉は大きければ食べやすい大きさに切る。

1
STEP2

締めはご飯を入れておじやにするのがオススメ。ピザ用チーズをトッピングするとコクが出ます。

2
 

締めはご飯を入れておじやにするのがオススメ。ピザ用チーズをトッピングするとコクが出ます。

3
STEP4

春菊は、4〜5cmの長さに切る。

4
STEP5

舞茸は適当にほぐす。

5
STEP6

ミディトマトはヘタを取り、1/4に切る。

6
STEP7

長ネギは斜め3cmに切る。

7
STEP8

厚揚げはトースターや魚焼きグリルで焼き、食べやすい厚さに切る。

8
STEP9

オリーブは3mmくらいの厚さにスライスする。

9
STEP10

スープの材料を鍋に入れて煮立たせる。牡蠣と牛肉、トマトを先に入れて少し煮て、他の材料も加える。バジルもトッピングする。

10

このレシピのコツ・ポイント

赤味噌(八丁味噌)と淡色味噌(合わせ味噌)をブレンドすることで、コクや深みが増します。赤ワインとより相性をよくするために野菜も春菊や舞茸など香りや味わいが強いものがオススメです。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このお鍋に合わせたのは、フルボディの赤ワイン。赤味噌の濃厚な風味と、ワインのしっかりとしたボリューム感が合います。牡蠣の濃厚な旨味や牛肉のジューシーな旨味にも負けないコクがあるワインがオススメです。

例えばこんなワイン

コレッツィオーネ・チンクアンタ +2

サン・マルツァーノ

コレッツィオーネ・チンクアンタ +2

  • スーペリアクラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのしっかりとしたボリューム感と赤味噌の濃厚な風味は相性抜群。牡蠣の濃厚な旨味や牛肉の風味にも負けないコクがあり、それぞれの食材の風味を引き立ててくれます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。