今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

生ハムとトマトとイチゴ

生ハムとトマトとイチゴ
生ハムとランブルスコは地元でも愛される相性ぴったりの組み合わせ。

by 大橋 みちこ

スパークリングワインに合う 野菜のおかず お肉のおかず

生ハムとランブルスコ(赤の美発泡ワイン)は、その故郷であるイタリア エミリアロマーニャで定番の、地元の方も大好きな組み合わせ。

トマトとイチゴをプラスすれば、サラダ感覚で食べられる前菜にぴったりの一品に。
赤い色合いが鮮やかで見た目にもとても美味しそう。
簡単なのにオシャレ。
イチゴの美味しい季節に、是非是非お試しください!

材料

【材料(2人分)】 

生ハム(プロシュート) 4〜5枚(約30g)   
イチゴ         5〜6個
ミディトマト      3〜4個(約140g)
紫玉ねぎ        1/8個(約30g)
スペアミント      適量
オリーブオイル     大さじ1
白ワインビネガー    大さじ1/2
塩           小さじ1/6
胡椒          適量

作り方

STEP1

紫玉ねぎはみじん切りにして、塩少々(分量外)をまぶし、10分置く。水に10分さらして、しっかりと水気を切る。

1
STEP2

イチゴはヘタを取り4〜6等分に、トマトもヘタを取って6〜8等分に切る。しっかりと冷やして置く。

2
 

スペアミントはみじん切りにする。

3
STEP4

ボウルに白ワインビネガー、塩、胡椒を入れてよく混ぜ、オリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜる。紫玉ねぎとスペアミントを加えて混ぜる。

4
STEP5

イチゴ、トマトに④のドレッシングを和え、生ハムに添え、スペアミントを飾る。

5

このレシピのコツ・ポイント

食べる直前に全体を和えるのが美味しく食べるコツです。しっかりと冷やしていただきましょう。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このお料理に合わせるオススメはランブルスコというエミリアロマーニャで造られる微発泡の赤ワイン。赤ワインなので生ハムのコクに合いつつ、シュワシュワの泡が心地よく油を流してくれる。トマトやイチゴの酸味とも抜群の相性。

例えばこんなワイン

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

メディチ・エルメーテ

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

  • デイリークラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / やや辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

ワインの爽やかな味わいが、トマトのフレッシュさやイチゴの甘酸っぱさと好相性。生ハムの油もさっぱりと流し、どんどん進む組み合わせ。

アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ

メディチ・エルメーテ

アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / 辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

ワインの豊かな果実味は、生ハムのコクやトマトの旨味を引き立てます。泡と爽快な酸味が、イチゴの酸味と相まって、心地よいマリアージュに。

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

メディチ・エルメーテ

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / 辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

ワインの果実味と、トマトやイチゴの旨味がマッチ。きめ細かい泡が生ハムの脂を心地よく流し、爽やかなマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。