WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

グリーンカレー鍋

グリーンカレー鍋
グリーンカレーペーストを使ったスパイシー鍋!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 鍋もの

市販のグリーンカレーペーストを使ったスパイシーなお鍋のレシピ。少し甘めのワインと合わせることで、グリーンカレーの辛さとワインの甘さが包み込み最高の相性に。パクチー独特の青い香りもワインの風味が優しく包み込んでくれるので、お好みでパクチーをたっぷりとかけてお召し上がりください。

材料

【材料 2人分】

鶏もも肉        300g
えび          4尾
(殻付きの大きめのもの。
むきエビの場合は約100g)
なす          150g
紫玉ねぎ        1/2個
しめじ         100g
ブロッコリー      100g
パクチー        適量(お好みで)
サラダ油        大さじ1
グリーンカレーペースト 80g
ココナッツミルク    300cc
水           100cc
(足りなければ足す)
白ワイン        50cc
そうめんやうどん    適量(お好みで)

作り方

STEP1

鶏モモ肉は一口大に切る。

1
STEP2

エビは頭がついているものは頭と足を取り、背わたを竹串などで取り除く(むきエビの場合は、背わたを取り除き、片栗粉をまぶして洗うと良い)。

2
STEP3

ブロッコリーは食べやすい大きさに切り分け、塩少々を加えた湯で1分茹でる(レンジで加熱しても良い)。ナスは一口大の乱切りにして水にさらす。

3
STEP4

しめじは適当にほぐす。パクチーは茎の方は5mm、先の葉の方は2cmの長さに切る。

4
STEP5

フライパン(焦げつきにくい鍋であれば、煮込む鍋で炒めても良い)にサラダ油を熱し、グリーンカレーペースト、鶏肉を加えて炒める。火が通り始めたらナスも加えて炒める。

5
 

ココナッツミルク、水、白ワインを加えて煮立たせ、具材を入れて煮込む。お好みでパクチーをトッピングする。

6
 

締めはそうめんやうどんがオススメ。

7

このレシピのコツ・ポイント

市販のグリーンカレーペーストを使えば、とても簡単!ナスはただ煮るだけだと時間がかかるので、ペーストと一緒に炒めると味が馴染みます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

グリーンカレーの辛さは、辛口ワインと合わせると喧嘩してしまって辛味がさらに助長されてしまいがち。甘味の強いワインと合わせることで辛味と甘味が中和して、最高のマリアージュに。

例えばこんなワイン

シュタインベルガー リースリング カビネット エアステ・ラーゲ

クロスター・エーバーバッハ醸造所

シュタインベルガー リースリング カビネット エアステ・ラーゲ

  • スーペリアクラス
  • ドイツ / ラインガウ
  • 白 / 甘口
  • スティルワイン
国旗

フルーティーな果実味は、グリーンカレーのスパイシーな風味と相性抜群。甘味と辛味が心地よく中和し、最高のマリアージュ。

ピースポーター ミヒェルスベルク リースリング カビネット

ゲブリューダー・シュテッフェン

ピースポーター ミヒェルスベルク リースリング カビネット

  • カジュアルクラス
  • ドイツ / モーゼル
  • 白 / やや甘口
  • スティルワイン
国旗

ワインの甘味と料理の辛味が口の中で中和。辛さと甘さがどちらも心地よく感じられるので、ワインも料理もどんどん進みます。

トリッテンハイマー アポテーケ リースリング カビネット

ゲブリューダー・シュテッフェン

トリッテンハイマー アポテーケ リースリング カビネット

  • カジュアルクラス
  • ドイツ / モーゼル
  • 白 / やや甘口
  • スティルワイン
国旗

爽やかな酸味と甘味が特徴のワイン。ワインのフルーティーな果実味が、グリーンカレーの辛味を包み込み、心地よく中和。後味もすっきりと流してくれます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。