今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

牛肉スパイシー餃子

牛肉スパイシー餃子
牛ひき肉にマスタードや胡椒、ニンニクをたっぷりきかせた焼き餃子。赤ワインにピッタリです。

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず

こんにちは。

今日は赤ワインと相性抜群の餃子レシピをご紹介!
牛ひき肉を使って、マスタードや胡椒、ニンニク、生姜をせかせたスパイシーな餃子。
しっかりと肉だねに味をつけるので、そのまま食べれておつまみに最適!
ビールももちろん合いますが、赤ワインにもピッタリです!

材料

【材料 2〜3人分】 

牛ひき肉     150g
餃子の皮(大判) 約20枚
タマネギ     1/2個
ニンニク     1片
生姜       15g
マスタード    小さじ2
ウスターソース  小さじ2
赤ワイン     小さじ2
塩        小さじ1/3 + ひとつまみ
胡椒       たっぷり
オリーブオイル  適量
パプリカパウダー あれば

材料写真1

作り方

STEP1

タマネギはみじん切りにし、ボウルにいれて、塩小さじ1/3をまぶす。5分くらいおくと水分が出てくるのでしっかりと水気をしぼる。ニンニクと生姜もみじん切りにする。

1
STEP2

ボウルに、牛ひき肉、①のタマネギとニンニクと生姜、粒マスタード、ウスターソース、赤ワイン、塩ひとつまみ、胡椒を加えてしっかりと混ぜる。

2
STEP3

餃子を包む。まず、スプーンで皮の中心にティースプーン1杯強くらいの具を置く。

3
STEP4

フチに水を塗り、フチの一カ所を真ん中に折る。

4
STEP5

時計回りに繰りかえす。

5
STEP6

一周したら完成。

6
STEP7

フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し、餃子を並べて中火で焼く。

7
STEP8

焼き色がついたらお湯(できればお湯で。水でもOK。)を注いで、蓋をして中火で蒸し焼きにする。約3分くらい焼いたら蓋をあけて水分を飛ばし、オリーブオイルと足してカリッと焼く。

8
 

お皿に並べる。パプリカパウダーをふりかけると彩りがきれいになります。

9

このレシピのコツ・ポイント

タマネギを切ったあとに、塩をまぶし、水分をしっかりと絞ることがポイント。こうすることで、肉だねが水っぽくならず、味が締まります。胡椒はたっぷりときかせてくださいね!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、ミディアム〜フルボディの赤ワイン。牛の肉汁とマスタードの甘みにはニューワールド(新世界)の果実味ある赤ワインがよく合います。スパイス感のあるシラー種を選べばマリアージュは間違いありません。

例えばこんなワイン

アルタ シラーズ/マルベック

ボデガス・カリア

アルタ シラーズ/マルベック

  • デイリークラス
  • アルゼンチン / サン・ファン
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ジューシーな果実味は、牛肉のジューシーな質感や旨みとマッチ。ほのかなスパイス感は、胡椒やマスタードの風味と相性ピッタリです。

リンカーン・エステイト シラーズ

リンカーン・エステイト・ワインズ

リンカーン・エステイト シラーズ

  • デイリークラス
  • オーストラリア / サウス・オーストラリア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

シラーズならではのスパイス香が、胡椒やマスタードの風味とマッチ。ふくよかな果実味は、牛肉のボリューム感と合います。

タマヤ シラー レセルバ

ビーニャ・カサ・タマヤ

タマヤ シラー レセルバ

  • カジュアルクラス
  • チリ / コキンボ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

凝縮感のある果実味としなやかな酸味は、牛肉のジューシーな旨みを引き立てます。シラーならではのスパイス香は、胡椒やマスタードのスパイシーさとマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。