今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

魚介と高菜漬けと豆豉の鍋

魚介と高菜漬けと豆豉の鍋
高菜漬けと豆豉を使った中華風鍋はロゼワインと相性抜群!

by 大橋 みちこ

ロゼに合う 鍋もの

意外にワインにとてもよく合うお鍋レシピをご紹介。
高菜漬けと豆豉の旨味や香りをベースにした、中華風のお鍋。
たっぷりの魚介とわかめ、を加えて濃厚な旨味を楽しめます。
特にオススメなのは、ロゼワイン。ロゼワインならではのコクが、豆豉のコクとマッチし、具材の濃厚な風味と寄り添います。

材料

【材料 2〜3人分】

お好みの魚      350〜400g
(写真は、タラ、メカジキなどの白身や鮭)
えび         4尾
(殻付きの大きめのもの)
わかめ        90g
(塩抜き、もしくは戻した状態で)
セリ         100g
しいたけ       100g
絹ごし豆腐      1/2丁(150g)
ピンクペッパー    適量(お好みで)
ラーメンやうどん   適量

[スープ]
高菜漬け       75g
豆豉         15g
ごま油        大さじ1
鶏がらスープ     800cc
(お湯に鶏がらスープの素  大さじ1)
胡椒         適量

作り方

STEP1

魚は適当な大きさ(大き目の一口大くらい)に切り、塩少々(分量外)をふり、10分置く。出てきた水分をペーパータオルで拭き取る。エビは頭がついているものは頭と足を取り、背わたを竹串などで取り除く。

1
STEP2

わかめは乾燥のものは戻し、塩蔵のものは水にさらして塩抜きをする。食べやすい大きさに切る。

2
STEP3

セリは、4〜5cmの長さに切る。

3
STEP4

しいたけは石づきの先の硬い部分だけ取り除き、石づきは縦半分に、傘は1〜1.5cmの厚さに切る。

4
STEP5

高菜漬けは5mmくらいに刻む。

5
STEP6

豆豉も粗く刻む。

6
STEP7

鍋にごま油を熱し、高菜漬けと豆豉を加えて炒める。

7
STEP8

鶏がらスープを加えて煮立たせる(味をみて、塩気が足りないようだったら塩を足す。塩気が強すぎるようだったら水を足す)。

8
STEP9

具材も加えて煮る。お好みでピンクペッパーを指で潰しながら散らす。締めはラーメンがオススメ。

9

このレシピのコツ・ポイント

豆豉が手に入らない場合は、豆豉醤を使っても美味しくできます。魚介はお好みのものを使ってくださいね。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このお鍋に合わせたいのは、辛口ロゼワイン。高菜漬けの酸味や旨味、豆豉のコクがたっぷり滲み出たスープは、ワインの酸味や旨味と寄り添います。優しい味のワインを選ぶと食材の旨みを引き立ててくれます。

例えばこんなワイン

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

シャトー・ド・ロムラード

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

  • カジュアルクラス
  • フランス / プロヴァンス
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

海の近くで作られていてブイヤベースに合わせることが多いこのワインは、魚介類と相性抜群。程よい酸味と果実のコクがあり、高菜漬けの旨味や酸味ととてもよく合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。