今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

白身魚とアサリと高菜漬けの紙包み蒸し

白身魚とアサリと高菜漬けの紙包み蒸し
フライパンでできる簡単蒸し物!魚とアサリの旨味溢れる本格おつまみ!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

春が旬のアサリ。
何よりもダシの旨味が魅力のアサリを、フライパンで簡単に蒸し物にするレシピをご紹介。
お好みの白身魚と野菜を一緒にキッチンペーパーに包んで、フライパンで焼くだけ。
お魚とアサリの旨味がお野菜にも染み込んで、簡単なのに味は本格派。
今回は高菜漬けとごま油も使って中華風に仕上げます。
旨味のある白ワインと最高の相性。是非是非お試しください。

材料

【材料 2人分】 

アサリ    約120g(約10個)
白身魚    約160g
塩      小さじ1/3くらい
たけのこ   50g(下茹でしたもの)
うるい    20g
(チンゲンサイや水菜など青菜何でも)
高菜漬け   15g
酒か白ワイン 小さじ2
ねぎ     5〜6cm
ごま油    大さじ1

作り方

 

アサリは砂抜きをする。

1
STEP2

白身魚は塩をふり、5分置いて出て来た水気を拭き取る。大きめの一口大に切る。

2
STEP3

たけのこは、2〜3mmの厚さに切る。

3
STEP4

うるいは4〜5cmの長さに切る。

4
STEP5

高菜漬けは粗く刻む。

5
STEP6

クッキングシートの真ん中に高菜漬けの半量をしき、その上にアサリ、メバル、たけのこ、うるいを全て半量ずつのせ、酒か白ワインを一つにつき小さじ1の量ふる。

6
STEP7

⑥をキャンディーのように包み、フライパンにのせて12分弱めの中火で焼く。

7
STEP8

ネギは白髪ねぎにして、水にさらす。

8
STEP9

ごま油は熱々に温める。
⑦が焼き終わったら(アサリの殻が開いたら)、開いて、⑧の白髪ねぎをのせ、熱々のごま油をかける。

9

このレシピのコツ・ポイント

白身魚や野菜はお好みのものを使ってください。じゃがいものように旨味を吸い込む野菜を使うのもオススメ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このお料理に合わせたいのは、旨味のしっかりした白ワイン。
アサリや魚の旨味に負けないようなふくよかな味わいのものがオススメ。
海の近くで造られているようなミネラル感たっぷりのワインも合いますよ。

例えばこんなワイン

アート・テッラ クルティメンタ

カザ・アグリコラ・アレクシャンドレ・レウヴァス

アート・テッラ クルティメンタ

  • カジュアルクラス
  • ポルトガル / アレンテージョ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ポルトガルのオレンジワイン。オレンジワインならではのコクやほろ苦さがアサリの旨味とベストマッチ。高菜漬けの酸味とも合います。

オーロ・ディゼー コッリ・ディ・ルーニ ヴェルメンティーノ

ヴィニコラ・ラ・バイア・デル・ソーレ・ディ・フェデリーチ・ジューリオ

オーロ・ディゼー コッリ・ディ・ルーニ ヴェルメンティーノ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / リグーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの果実のふくよかさ、リッチな味わいが、料理の濃厚な旨味とマッチ。程よい酸味は高菜漬けとも好相性。

ヴァルカンツィリア

アジィエンダ・アグリコーラ・グルフィ

ヴァルカンツィリア

  • カジュアルクラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのしっかりとしたミネラル感がアサリの旨味と抜群の相性。キリッとした酸味もあるので、高菜漬けともとても良く合います。

ヴァレンティーナ

グアルド・デル・レ

ヴァレンティーナ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのふくよかな果実味が、料理の旨味のボリューム感とマッチ。艶やかな味わいで、素材の味わいを引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。