今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

サザエとヤングコーンのバター醤油炒め

サザエとヤングコーンのバター醤油炒め
ニンニクの香りとサザエの肝の旨味が食欲をそそる。ワインが止まらなくなるレシピ。

by 大橋 みちこ

ロゼに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

今回は、旬のサザエを使ったおつまみレシピをご紹介。
サザエは扱いはそんなに難しくありません。
お鍋にお水を入れて蒸すか、レンジでチンすれば簡単に取り出せます。
肝の旨味とニンニクの風味で、お酒にぴったり。
特にロゼワインとの相性は抜群。

夏のおつまみ、ぜひお試しください!

材料

【材料 4人分】
サザエ      正味約180g
(殻付き250gだと2個分)
ヤングコーン   250g(6〜10本)
ニンニク     1片
パセリ      適量
オリーブオイル  大さじ1
バター      12g
醤油       大さじ1/2
塩        ひとつまみ
胡椒       たっぷりめ

作り方

 

サザエは鍋に入れて殻の半分の高さまで水を入れ(あれば白ワインやお酒大さじ1も)、中火にかける。沸騰したら蓋をして弱火にして5分蒸す(もしくは耐熱の器に置いて600wのレンジで1分〜1分20秒加熱)。

1
STEP2

サザエの身を取り出し、肝の部分は1〜2cmに、身の部分は薄切りにする。

2
STEP3

ヤングコーンは皮をむき、2cmの厚さに切る。

3
STEP4

ニンニクとパセリはみじん切りにする。

4
STEP5

フライパンにオリーブオイルを熱し、ヤングコーンを中火で炒める。

5
STEP6

焼き色がついてきたら、ニンニクとサザエを加えて弱火で炒める。

6
STEP7

ヤングコーンとサザエを片側に寄せて、空いているところにバターと醤油を入れて煮立たせてから、全体に絡めながら炒める。

7
STEP8

塩で味を整え、パセリを加えて胡椒をふる。

8

このレシピのコツ・ポイント

ヤングコーンがなければ、トウモロコシの身や茹でたジャガイモでも美味しくできますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理に合わせたいのは、辛口ロゼワイン。
ロゼワインならではのコクが、サザエの肝の旨味を受け止めます。優しい果実の甘味が肝の苦味と中和して心地よいマリアージュに。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ ロザート

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ ロザート

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

海の近くで造られているワインだからこその旨味が、サザエの風味とマッチ。コクがあるのでヤングコーンの甘味とも相性○。

ポッジョトンド トスカーナ ロザート オーガニック

ポッジョトンド

ポッジョトンド トスカーナ ロザート オーガニック

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの心地よいフルーティーさが、ヤングコーンの甘味と合いつつ、サザエのほろ苦さも包み込みます。フレッシュな酸味で後味はすっきり。

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

シャトー・ド・ロムラード

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

  • カジュアルクラス
  • フランス / プロヴァンス
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインが持つミネラル感が、サザエの旨味をさらに引き立てます。フレッシュな味わいは、ヤングコーンの爽やかな甘味ともマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。