今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

夏野菜の梅味噌炒め

夏野菜の梅味噌炒め

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず

涼しい日も増えて、夏もう半分終わった事を実感する今日この頃。
今回は、夏野菜がたっぷり食べれるおつまみをご紹介します。

茄子の味噌炒めは定番ですが、これをちょっとアレンジ。
味噌に梅肉を加えて、酸味と香りをプラス。
火を通して甘くなった茄子やパプリカなどの野菜に、梅味噌の旨みが絡んでとってもおいしい!

ぜひお試しください。

材料

【材料 4〜5人分】

茄子       2〜3本(約250g)
ズッキーニ    1本
パプリカ     1個
じゃがいも    1〜2個(100g)
オクラ      5本(約70g) 
オリーブオイル  大さじ3

[梅味噌]
梅        2〜3個
(たたいて約30g、塩分8%)
味噌       30g
砂糖       大さじ1/2

作り方

STEP1

梅味噌の材料を混ぜておく。(梅の塩分によって味噌の量は調整する)

1
STEP2

茄子は乱切りにして水にさっとさらす。ズッキーニは1cm弱の厚さの半月切り、パプリカは一口大に、オクラはヘタを取り、斜めに半分に切る。

2
STEP3

じゃがいもは皮をむいて、一口大に切り、耐熱皿に入れてラップをし、600wのレンジで2分加熱する。(ゆでてもOK)

3
STEP4

フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、中火で茄子を炒める。焼き色がついたら、取り出す。

4
 

同じフライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、ズッキーニとパプリカとオクラを入れ、中火で炒める。火が通ったら、茄子、じゃがいもを加えさっと炒める。梅味噌を加え、和えながら炒める。(梅味噌の量は調整する)

5

このレシピのコツ・ポイント

梅の塩分はお好みのものがあると思うので、それによって味噌の量を調整してみてください。

できたてもおいしいけれど、冷やして食べてもおいしいので、持ち寄りやホームパーティーにも便利です。お弁当にもいいですね♪

季節によって、具材を変えるのもアリ。秋だったらきのこや里芋、冬だったらネギやカブ、春だったらタケノコ、初夏だったらヤングコーンなど、お好みの野菜で作ってみてください!お肉を入れれば、立派なメイン料理もなりますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理には、軽めの赤ワインが合います。
特にオススメの品種はピノ・ノワール。
ピノ・ノワールは梅のような香りや酸味があるので、梅を使った料理と相性がいいんです!
味噌のコクや野菜の甘みがあるので、南仏やニューワールドのジューシーで果実感のしっかりした味わいのピノノワールがピッタリですよ♪

例えばこんなワイン

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

ドメーヌ・ポール・マス

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

樽の香りとスパイシーな香りが、野菜の甘みや味噌の旨みを引き立ててくれます。

ガンマ オーガニック ピノ・ノワール レセルバ

ベサ

ガンマ オーガニック ピノ・ノワール レセルバ

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのチャーミングな果実味と酸味が、梅味噌の風味と心地よいマリアージュ。野菜の甘みともマッチ。

ハンドクラフト ピノ・ノワール

デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ

ハンドクラフト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • アメリカ / カリフォルニア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの心地よいボリューム感と甘みが、味噌のコクや野菜の甘みにとてもよく合います!