今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

「揚げ出し豆腐 梅きのこあん」ワインのおつまみレシピ

「揚げ出し豆腐 梅きのこあん」ワインのおつまみレシピ
白ワインに合うおつまみレシピ。揚げ出し豆腐に、きのこたっぷり、梅の酸味をきかせたあんをかけます。辛口で重すぎない味わいのワインにピッタリ!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず 卵・大豆加工品

寒い日が続きますね。
こんな日は、ほっこりするおつまみと熱燗で。。。

いやいや、熱燗もいいですが、暖房のきいた部屋できりっと冷えた白ワインを飲むってのもいいじゃないですか♪

今日は、きのこたっぷりのあんをかけた揚げ出し豆腐のレシピをご紹介。
居酒屋や小料理やさんで定番の揚げ出し豆腐、せっかく家で食べるからには、好きな具材をたっぷり入れて、と思って作ったこのレシピ。

きのこたっぷり、梅の酸味をきかせます。

ぜひお試しください!

材料

【材料 3〜4人分】

木綿豆腐   1丁
なめこ    100g
その他きのこ 100g
(今回はしめじとえのき)
だし     300cc
酒      大さじ2(白ワインでもOK)
みりん    大さじ1と1/2
醤油     大さじ2
塩      ふたつまみ
(梅干しの塩分によって加減する)
梅干し    1個
(約15g、今回のは塩分5%)
片栗粉    小さじ2
小麦粉    適量

作り方

 

まず豆腐の水切りをする。豆腐を8等分くらいに切り、まとめてペーパータオルに包み、耐熱皿にのせて、600Wのレンジで3分加熱。

1
 

きのこあんを作る。なめこ以外のきのこは、なめこと同じくらいの大きさに切る。梅干しは種を取り除き、たたく。だし汁に、なめこときのこを加え煮る。火が通ったら、酒、みりん、醤油、梅干しを加えて、一煮立ちし、味見して塩で味を整える。

2
 

水小さじ2で片栗粉をとく。②の火を止めて、水溶き片栗粉を加え、よく混ぜたら、中火にかけ、30秒煮る。

3
STEP4

揚げ油を温める。①の豆腐に小麦粉をまぶす。

4
STEP5

170℃の温度で、表面が薄く色づき、カリッとするまで揚げる。器に盛り、③のあんをかける。

5

このレシピのコツ・ポイント

梅の酸味をきかせるのが、ワインとの相性をよくするポイント。酸味と香りが加わり、味がきゅっと引き締まります。
きのこは何種類か使った方が味に深みがでます。
片栗粉だけでなく、なめこのとろみも加わり、豆腐に絡みやすいあんです。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口白ワイン。

全体的にまろやかな味の料理なので、ワインも酸味が強すぎずまろやかな味わいのものがお薦め。更に欲をいうと、ワインにミネラル感(旨み)がある方が、キノコの香りや風味、だしの旨みと合います。
そして、梅の酸味とワインの酸味がマッチして、なんともいえないマリアージュになりますよ♪

例えばこんなワイン

グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルク

ヴァイングート・ベルンハルト・オット

グリューナー・ヴェルトリーナー アム・ベルク

  • カジュアルクラス
  • オーストリア / ニーダーエステルライヒ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

癒し系の主張しすぎない果実味、そして寄り添うミネラル感は、ダシやきのこの旨みを引き立てます。ワインの心地よい酸味と梅の酸味がマリアージュ。

甲州テロワール・セレクション 祝

勝沼醸造株式会社

甲州テロワール・セレクション 祝

  • カジュアルクラス
  • 日本 / 山梨県
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

シュールリー製法で造られるからこその旨みや果実味が、きのこやだしの旨みと好相性。程よい酸味が梅の酸味と寄り添います。

サンタ・マッダレーナ ピノ・ビアンコ

カンティーナ・ボルツァーノ

サンタ・マッダレーナ ピノ・ビアンコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トレンティーノ・アルト・アディジェ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

クリーンな果実味はだしの味わいやきのこの風味を引き立ててくれます。山の中で造られるワインだからこそのミネラル感はきのこと好相性。料理をよりおいしく感じさせてくれるワインです。

レ・タンヌ オーガニック シャルドネ

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オーガニック シャルドネ

  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

程よくコクのある果実味は、だしの旨みやきのこの風味とマッチ。バランスのよい酸味は、全体を引き締め、梅の風味とも心地よいマリアージュ。