今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

ナスとベーコンのトマトソーススパゲッティ
by 大橋 みちこ

ジューシーな茄子とトマトの酸味、パクチーの香りの三重奏。

ナスとベーコンのトマトソーススパゲッティ

材料

  • 【材料 2人分】
  • パスタ     180g
  • ナス      2〜3本(約180g)
  • ベーコン    40g
  • ケッパー    小さじ2(あれば)
  • 玉ねぎ     1/4個
  • ニンニク    1片
  • トマト缶    1/2缶(約200g)
  • パクチー    10g
  • (苦手な方は、セロリの葉やイタリアンパセリ、春菊やセリなど)
  • 赤ワイン    大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2+小さじ2
  • 塩       適量

作り方

なすを最初にしっかり油を吸わせて焼くことで、クタクタにならず、とってもジューシー。
パクチーが苦手な方は、セロリの葉やイタリアンパセリ、春菊やセリなどをトッピングしてみてください。
STEP1
ナスはヘタの部分を取り除き、一口大の乱切りにする。2〜3分水にさらして、水気をしっかりときる。
STEP2
ベーコンは1cm幅に切る。玉ねぎとニンニクはみじん切りに、ケッパーは粗みじん切りにする。
STEP3
トッピング用のパクチーは1cmの長さに切る。
STEP4
フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、ナスを中火で炒める(こんがり焼き色がつくくらい)。塩ひとつまみをふり、一旦取り出す。
STEP5
フライパンにオリーブオイル小さじ2を熱し、ニンニクと玉ねぎを弱火で炒める。しんなりとしたら、ベーコンも加えてさらに炒める。
パスタを塩を加えた湯で茹でる(表示の時間より2分くらい短めでいい)。
STEP7
⑤のフライパンにトマト缶、ケッパー、赤ワインを加え中火にし、グツグツと煮立ったら弱火にして4分煮る。塩コショウで味を整える。
STEP8
パスタと茄子を加えて、1分半〜2分、パスタがちょうど良い固さになるくらいまでソースの中で煮る。
器に盛り、パクチーをトッピングする。

"ナスとベーコンのトマトソーススパゲッティ "に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

このレシピに合わせたいのは、ミディアムボディの赤ワイン。
トマトでパスタといえば、やっぱりイタリアの印象なので、今回のおすすめはイタリアワイン。
例えば、定番のサンジョベーゼはトマトの甘酸っぱさと相性抜群。
カベルネ・フラン主体のもので合わせるのも面白い。青いようなハーブのような清涼感のある香りがあるのが特徴の品種なのでパクチーの爽やかな香りと好相性。

例えばこんなワイン

マレンマンテ ロッソ・トスカーナマレンマンテ ロッソ・トスカーナ
ポッジョ・アルジェンティエラ
マレンマンテ ロッソ・トスカーナ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
なめらかな果実味や程よい酸味が、ジューシーなナス、トマトやケッパーの酸味とマッチ。
カベルネ・フラン独特のハーブのような清涼感がパクチーの爽やかな香りと合います。
コッレ・カルピートコッレ・カルピート
アジィエンダ・アグリコーラ・サン・ルチアーノ
コッレ・カルピート
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
甘酸っぱい印象の赤果実風味はトマトソースと相性抜群。ハーブのような爽快な香りがあるので、パクチーともとてもよく合います。
ダリア トスカーナダリア トスカーナ
レオポルド・プリモ・ディ・トスカーナ
ダリア トスカーナ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • フルボディ
  • スティルワイン
なめらかな果実味や程よい酸味はトマトソースの甘酸っぱさと好相性。ワインが持つスパイスやハーブの香りはパクチーの香りともマッチ。
ポッジョトンド トスカーナ ロッソ オーガニックポッジョトンド トスカーナ ロッソ オーガニック
ポッジョトンド
ポッジョトンド トスカーナ ロッソ オーガニック
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
フレッシュな酸味と優しい赤果実風味はトマトソースの味わいと相性抜群。ジューシーな茄子の甘みやベーコンの旨味も引き立ててくれます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。