今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

鰆と菜の花の味噌クリームグラタン

鰆と菜の花の味噌クリームグラタン
ホワイトソースに味噌を加えてコクをプラス。赤ワインに合うグラタン。

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

寒い季節には特に恋しくなるグラタン。

今回は、ホワイトソースに味噌を加えてコクをプラス。

しっとりしっかりした鰆の身の質感や味わいに、味噌のコクをプラスしたクリームがとってもよく合います。菜の花のほろ苦さや椎茸の旨味も味噌クリームと抜群の相性。

ぜひ赤ワインと合わせてお試しください。

材料

【材料 2人分】
鰆         2切れ
菜の花       100g
椎茸        50g
長ネギ       1本
ピザ用チーズ    40g
バター       25g
薄力粉       25g
牛乳        250cc
合わせ味噌     30g
塩         適量
胡椒        適量
オリーブオイル   適量

作り方

STEP1

まずホワイトソースを作る。フライパンか鍋を弱めの中火にかけてバターを熱し、溶けたら薄力粉を加えて炒める。牛乳を少しずつ加えて、ダマにならないように混ぜながら火を通す。

1
STEP2

全体がとろりとしたら、合わせ味噌、白味噌、胡椒を加えて味をつける。胡椒はしっかりめにきかせる。

2
STEP3

サワラは大きめの一口大に切り、塩少々(分量外)をふり、5分置いて、出てきた水分を拭き取る。フライパンにオリーブオイルを熱し、ソテーし、取り出す。

3
STEP4

菜の花は塩少々を加えた湯で1分半茹でて、ザルにあげる。2cmくらいの長さに切り、水気を絞る。

4
STEP5

長ネギは斜め薄切りにする。

5
STEP6

しいたけは5mmくらいの薄切りにする。

6
STEP7

フライパンにオリーブオイルを熱し、長ネギを中火で炒める。しんなりしたらしいたけを加えて炒め、塩少々をふる。

7
STEP8

火が通ったら菜の花と②のホワイトソースも加えて和える。

8
STEP9

耐熱容器に鰆を並べ、⑧のソースも加えて、上にチーズをのせて、オーブンかトースターでチーズがこんがりするまで焼く。

9

このレシピのコツ・ポイント

鰆の代わりに鶏肉やタラ、菜の花の代わりに春菊を使っても美味しくできますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理には、軽めの赤ワインがオススメ。鰆は味がしっかりしているので、白よりも赤の方が合います。ホワイトソースに味噌を加えるのも、赤と合わせるポイント。そんなに濃くなく、渋みが少ない方がいいので、ピノ・ノワールが特にオススメです。

例えばこんなワイン

フォリス ピノ・ノワール ログ・ヴァレー

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー

フォリス ピノ・ノワール ログ・ヴァレー

  • カジュアルクラス
  • アメリカ / オレゴン
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの程よいボリューム感が、味噌とクリームのコクと好相性。スパイシーな香りもあり、故障の風味とも相性抜群。

ウィマーラ ピノ・ノワール

ローガン・ワインズ

ウィマーラ ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • オーストラリア / ニュー・サウス・ウェールズ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

繊細な酸味と旨味が鰆の風味とマッチ。ジューシーな果実味は味噌のコクとあいつつ、菜の花のほろ苦さも包み込みます。

ヴァレー・セレクション ピノ・ノワール

ビーニャ・バルディビエソ

ヴァレー・セレクション ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • チリ / アコンカグア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ジューシーさも感じる果実味が、味噌のコクやクリームのまろやかさと好相性。ワインにも旨味があるので、鰆とも合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。